BLOG

ブログ

2022/01/05

超ネガティブだった私を変えてくれた!たった一つの習慣

Aさんからの質問:


被害者意識を手放すためにはどうしたらいいでしょうか?









私の回答




以前にもブログに書きましたが・・・





想像してみて!
公園を歩いていて、

突然、ボールが頭に当たった…

蹴ったのは子どもです。でもその公園にはフェンスが設置されていません。

その時

あなたならどう思いますか?





この時の考え方として、大きく分けて5つの考え方があります。





①被害者的考え方=なんで私がこんな目に合わなければならないの?どうしてくれるの!



②批判者的考え方=親はどういう教育しているんだ!そもそも公園にフェンスがないのは行政の怠慢だ!


③傍観者的考え方=トラブルに巻き込まれたくないから、関わらないでおこう



④主体者的考え方=そうか!ここにフェンスがあればいいのか!では行政の提言ボックスにいれてみよう



⑤楽観者的考え方=これって、すごい確率じゃん!今日はめちゃくちゃついてる!





あなたはどの考えに近いでしょうか?

そして
どの考え方をする人が今よりも成功し、
どの考え方をする人が今より現実が下がっていくのか?














正解をいうと・・・
①、②の考え方をする人は、今よりも現実が悪くなり、
③は今と変わらず、

④、⑤の考え方をする人は、今よりよい現実を引き寄せます。





何故だと思いますか?





答えは簡単で単純・・・気分がいいから。




このように、

同じ出来事が起きても、

考え方によって感じる気分が大きく違い、

その結果、

その後引き寄せるものの変わってくるのです。





では、被害者意識をいつも持ちがちな人はどうしたらいいのか?













実は、実は・・・この意識とは、ただの選択なんですよ!





あなたが選んで決めるだけなんです。



多くの人は、この思考を選択することなく
自然に出てくる被害者意識をそのまま放置し、それに飲み込まれてしまっているだけです。




でも、
成功する人は、ここでちょっとだけ努力して、

④、⑤の考え方を自分で選択し、決定し、それを採用しています。















私も20代の頃は、

マジで、超ネガティブ人間でした。

20代では、パニック障害も、不安神経症も経験し、心療内科に通院していたくらいですが・・・





でも、

大量の引き寄せの本を読んで、学びました。

ネガティブだと気分がよくないこと

それから

成功している人は、この気分さえ自分できめているということ、を。





なので、

毎日欠かさずノートを持ち歩き、

何か思考が起こったら、ノートをだしてこう書いていました





「このことのラッキーは何?」

「このことでいいことは何?」

「このことで得したことは何?」



思いついたことを全て書くのです。

そして

その中で一番気分がよくなる考え方を採用する。





こんなことをいつもやっていたら、

だんだんノートがいらなくなって、自然にポジティブな考え方を選べるようになってきました。





私は、今でも、たぶん根がネガティブなので

一瞬、イラっとしたり、被害者意識を感じたりすることもありますよ。

そんな時は、
いつも自分に質問して、ポジティブを採用する!と決めます。

そうすると

本当に不思議と、イライラが霧が晴れたようにどこかへいって、気分がよくなります。





私は、大富豪ではないので、成功者とはとても言えないですが・・・・









もう1回言いますね

考え方は、ただの『選択』です。

この選択をし続ける人が、良い気分の現実を引き寄せるのです。




超ネガティブだった私を変えてくれた!たった一つの習慣
超ネガティブだった私を変えてくれた!たった一つの習慣